雨降り前のポカポカ陽気に恵まれ、野鳥観察には快適な気候でした。しかし確認できた鳥の種類はやや少なめでした。野草広場の草木が少なくなり野鳥が居付き難くなっているのかもしれません。環境の変化に敏感な鳥たちが過ごしやすくする自然公園の管理の仕方はなかなか難しいですね。 〈今回、姿や鳴き声を確認できた野鳥たち〉...







  〈姿を見たり声を聴いた鳥〉 アオサギ、アオジ(声のみ)、イカル、ウグイス、エナガ、カイツブリ、カシラダカ、コゲラ、コジュケイ(声のみ)、シジュウカラ、シメ(声のみ)、ジョウビタキ、シロハラ、トビ、ハクセキレイ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ベニマシコ(声のみ)、マヒワ、ミヤマホオジロ、メジロ、...


さらに表示する